SSブログ

溺レる [本2005]

溺レる

溺レる

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫

蛇を踏む龍宮を書いた人の小説。

タイトルの「レ」だけがカタカナってところがポイント。
やっぱりシュールな話。

なんに溺レるのかというと「アイヨク」に溺れて「アイシテルンデス。」とロボっぽく連呼する話他、7編の短編。
吉田戦車が官能小説書いたらこんな感じになるのではと言う内容。

例えば、一行目からこんな感じ。
うまい蝦蛄(シャコ)喰いに行きましょうとメザキさんに言われて、ついていった。
なんで、シャコ?ねぇなんで?とか思ってニヤニヤするのは自分だけなんでしょうか。

ちなみに、伊藤整文学賞を受賞した作品らしいのですが、審査員もきっとシュールさ加減にニヤニヤしながら読んだに違いないと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

2005-12-222005-12-23 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。